スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ある晴れた日に、「クレアモントホテル」


ある晴れた日に、「クレアモントホテル」
 
                                                                                                    白鷺? 真っ白な姿が美しい



日々のコト - ある晴れた日に、「クレアモントホテル」


春が来た?

こんな日は母と、娘が仕事なので預かっているオチビちゃんを連れて近くの洗足池公園へ。

オチビちゃんがいるおかげで、暖かい陽射しを素直に受け入れられるようです。

そういえば、娘が小さい頃も冬の陽射しの暖かさに驚いたことがあったっけ。

仕事をしていた間は通勤の朝、そして帰宅時の冬の寒さしか知らなかったな。

砂場で遊ぶオチビちゃんの後姿を見ながら気持ちのよい暖かさを楽しみました。



kurea



夕方から、学生時代の友人達と岩波ホールで映画を観てきました。

「クレアモントホテル」


kurea
 


ロンドンの小さなホテルを舞台に老婦人と作家の卵の青年、

そしてホテルに暮らす個性的な仲間達との交流を描いた作品です。

「これまでは子供のため、夫のために生きてきた。残された人生は自分のために生きてみたい」と考えて

やってきたのですが、

どこか似たもの同士のような青年と知り合い、

ひょんなことから彼が孫になりすまし、話が展開していくのですが、

「自由になる方法ってたった一つだって分かったの。それはね、人に必要とされないってことなのよ」

と皮肉って言っていた彼女。
 
家族から見放されていた老婦人の傍には、他人である青年がいてくれました。 

やはり人と関わって生きていくのが幸せなのだと思いました。
 
派手な展開がある訳ではなく静かな映画でしたが、さすが岩波ホール。

心温まる上質の映画でした。



岩波ホール    映画産業の衰退による上映作品の本数の減少と欧米などの
             先進国の映画文化との差に危機感を持った東宝東和
             川喜多かしこの要望により岩波ホールの総支配人高野悦子
             賛同し文化的に質の高いとされる映画を上映する映画館として
             利用されるようになる。



 
kurea
 遊びに来ていただきましてありがとうございます。

お帰りによろしかったら押してくださいね~。
 
 
         にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ    人気ブログランキングへ

[ 2011/02/11 11:33 ] 日々のコト・東京で | TB(0) | CM(2)

老後

v-22こんにちは。
私にはまだ孫がいないのですが、老後のことは気になったりしています。
仲のよい人たちと、まったりとお茶を飲みながら過ごせたらいいなとか
家族でのんびり過ごせたらいいなとか・・・

それにしても、手作りのお庭、何度見ても飽きません。
あんなお庭で仲良しとお茶が出来たら最高だろうなv-238
[ 2011/02/12 11:33 ] [ 編集 ]

☆フローレンスさんへ

まだ老後は先のことなんでしょうけれど、いい娘さんが4人もいらっしゃると、
まさに将来はバラ色、沢山のお孫さんにも囲まれて幸せに暮らせそうですね。

うちの庭を気に入っていただけたようで、とても嬉しいです。
まだまだやることが沢山、3月からはまた頑張りますので良かったら覘いてみてくださいね。
小さな女の子が夢をみられるような、楽しい場所も作りたいと思っています。
[ 2011/02/12 23:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://garden32.blog29.fc2.com/tb.php/139-171d0958

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。